中部

中部エリアから出展される団体・グループのご紹介です。
ぜひフェアにご参加ください!

新潟県  富山県  石川県  福井県  山梨県  長野県  

新潟県

地 域:新潟県糸魚川市根知地区
団体名:根知未来会議

新潟県糸魚川市根知地区で地域活動している《根知未来会議》です。
当日は《糸魚川市企画定住課:移住関係担当者》が同席しますので、多種多様な、ご相談・ご質問にお答えいたします。
糸魚川市には、【仕事】【家】「日本の四季を感じる風土」「温泉」「スキー場」「美味しい食べ物(お米・山菜・野菜・魚介類・お酒など)」「世界ジオパーク」「翡翠」…
海と山が隣接している地形だから、サーフィンもスキーも、釣りも山菜採りも、とても近いフィールドで楽しめます。
作ったモノは少ないかもしれないけど、元々あったモノは沢山あります。
●特色として、ノリの良い地元民(何か面白そうな事を思いつくとすぐやってします)。
●実際にやっている楽しい事・体験メニュー(秘湯洞窟温泉、メイプルシロップ採取、畑あそび、川遊び、手作りピザ、ケツゾリなどなど)。
地元民では思いつかない楽しい事、皆さんのアイデア募集中です。
当日、皆さまにお会いできることを、楽しみにしています。
HP:https://nechimirai.com/

地 域:新潟県南魚沼郡湯沢町
団体名:きら星株式会社
新潟県南魚沼市、湯沢町の転職・移住サポートをしている「魚沼・湯沢暮らしごと移住パートナー」です。
美しい山の緑を眺めながら出勤し、定時には仕事を終わらせて帰宅。
大切な人と、地元の食材で作られた、質素だけど豊かな食卓を囲む。
休日には四季折々のアクティビティを楽しむ。
湯沢・南魚沼にあるのは、一見ふつうだけど、とても幸せでスローな暮らし。
暮らしごとはそんな暮らしが実現できる湯沢/南魚沼の求人を厳選紹介しています。
移住をきっかけにスローな生き方を選ぶ人を応援するお仕事紹介サービスです。
忙しい毎日の中で、どこか違うと感じているあなたへ。
湯沢/南魚沼に移住してきませんか?
HP:https://kurashigoto.life/

地 域:新潟県十日町市
団体名:一般社団法人里山プロジェクト

地域おこし協力隊も募集中です!
「村が家族、自給自足と他給自足?」
自然に寄り添った小さな集落で農業とともに暮らしませんか?
農に寄り添った暮らしをすることで、食料の不安はありません。
自分で作れないものは、村の人が差し入れてくれることも良くあります。
米と野菜は作ったり、もらったり、食費に必要なものは、お肉代とお魚代くらいです。
豪雪の雪国ですが、今の日本が経済と置き換えて失った古き良き文化、自然、人が残り、災害や今年のような社会不安にとても強い地域です。
自然は時に厳しいですが、そこで育まれた健全な精神と体、満足度の高い幸せな生活を手に入れませんか?
仕事 ? 地域おこし協力隊 ご用意します。
お引越し費用 ? 単身者 60万、ご家族 ? 100万 ご用意します。
専門の相談員がお受けいたします。
HP:https://www.satoyamapj-tokamachi.com/

地 域:新潟県上越市
団体名:かみえちご山里ファン倶楽部

新潟県上越市の西側に位置する中山間地域(桑取、谷浜、中ノ俣、正善寺地区)をフィールドに、多面的な地域づくり活動に取り組むNPO法人で、2001年に発足し、今に続いています。
お祭りや結作業、地元小中学校へのUターン教育などの地域活動の支援のほか、森林公園や環境教育施設の管理受託、古民家カフェやゲストハウスの運営、農産物加工、高齢者向けのサロン、田んぼの学校やわら細工体験などの各種イベントの開催も行っています。
移住されたかたが、お仕事として携わっている事業もあり、住んでいる人と、外からやってくる人が一緒に地域活動を楽しんでいます。
ブナ林の広がる水源の森から日本海までたった15?。
海・山・里と全てがコンパクトにそろった環境で、秋になれば川に鮭が遡上し、水の大循環と命の営みを間近に感じることができます。
厳しくも豊かな自然に寄り添い、その恵みを上手に利活用してきたこの地域には、今なお、昔ながらの暮らしや文化、知恵、技術が受け継がれています。
都会では感じることのできない、豊かな自然、生き生きとした暮らし、コミュニティの力、これらは全て「未来への生きた学び」の場。
米作り、手仕事、郷土料理、山菜採り、人としての生き方、などなどこの土地の達人から日々色々なことを学べます!
自給自足を楽しみたい方はもちろん、子育て環境としても自信をもっておすすめできます!
地域には保・小・中が1つずつあり、少人数教育で、体験活動も充実しています。
こんな暮らしをしてみたい、こんなお仕事ありませんか、子どもをこんな環境で育ててみたいなど、まずはあなたの思い描く「移住」をお聞かせください。
HP:https://kamiechigo.jp/

富山県

地 域:富山県総合
団体名:「くらしたい国、富山」推進本部

住みよさ全国トップクラス!「くらしたい国、富山」
多様で豊かな自然や食文化、保育園の待機児童ゼロ、全国学力トップクラスといった子育て環境のよさ等数多くの魅力があります。自然を感じる暮らし、便利なまち暮らし等、富山で実現可能な多様な暮らし方の中から、あなたにぴったりの富山暮らしに向けてサポートします。
HP:https://toyama-teiju.jp/

地 域:富山県氷見市
団体名:富山県氷見市

能登半島の付け根に位置する人口約47,000人の自然の恵みいっぱいのまち氷見市。寒ブリをはじめとする豊富な海の幸と里山の恵みにあふれた氷見で一緒にまちの未来をつくりませんか?「IJU応援センター」があなたの移住をしっかりサポートします。氷見市は移住したいあなたに寄り添い全力で応援します。
HP:https://www.city.himi.toyama.jp/

石川県

地 域:石川県白山市・能美市・川北町・小松市・加賀市
団体名:加賀白山定住機構
「どの地域が自分の移住に適しているのか、まだよくわからなーい!誰か教えて!」
という方もおられますよね?
石川県の加賀白山エリア(白山市・能美市・川北町・小松市・加賀市)は、住みよさランキング上位の市町がひしめく、地味だけど実は見逃せない地域です。私たちはそんな地域を広域で移住サポートしています。
海・山・田園など自然を身近に感じながら暮らし、買い物はショッピングモールなどで楽しむこともできる、便利な田舎です。たとえば、「働き方改革」の進んだ会社に勤務しながら、子どもをのびのび育てたい!、地域の風土を活かして開業したい!といった方、もちろん、移住後の仕事は何をしようかまだ模索中という方、よい移住先を探し中という方も、ぜひご相談ください。「だったら、こんな所がありますよ!」と、がんばってご提案させていただきます。
「この地域いいかも?気になってきたなぁ」と思っていただけたら、次の具体的なステップへ。
お試しの「移住体験プログラム」(1「仕事体験」タイプ、2「暮らし体験」タイプ、3「地域住民との交流」タイプ)や、もうちょっと地域を知りたいという方への「現地案内サポート」もご準備しています。
まずは、どんな暮らし方を考えておられるのか、移住へのご希望をお聞かせください!お待ちしています!
加賀白山定住機構HP「加賀白山で暮らそう!」
https://bunanomori.com/kagahakusan/

加賀白山で暮らそう!フェイスブックページ(求人情報ほぼ365日投稿中)
https://www.facebook.com/kagahakusan/

地 域:石川県加賀市
団体名:加賀市定住促進協議会

\ あなたの『理想のライフスタイル』の実現をお手伝いします!! //
石川県加賀市の『移住コーディネータ』があなたの移住を応援します!
あなたの興味・関心や、悩みごとを解決できるよう精一杯ご対応します。
◎’’こんな仕事’’したい人、集まれ~!
「果樹・米の新規就農したい」
「伝統工芸品・ニッチ技術などのものづくりに興味がある」
「IT活用で地域課題を解決したい」
◎’’こんな生活’’したい人、集まれ~!!
「山・川・海すべてをよくばる里山暮らし」
「日常生活に温泉がある暮らし」
「自然教育・自立学習・プログラミング教育を子どもに」
その他、どんなことでもお気軽にお聞きください!
当日みなさんとお会いできる事を楽しみにお待ちしています。
〇加賀市について
日本列島の真ん中を北上し、石川県の最南端に位置する加賀市。
藩政期の面影を残す城下町、3つの温泉場を有する加賀温泉郷、北前船の文化を有する漁港など、多彩なエリアを有しているのが特徴です。文化、産業、自然、そして魅力ある人が集まる『コンパクトで多様性のあるまち』です。
HP:https://kaga-teiju.jp/

地 域:石川県珠洲市
団体名:すず里山里海移住フロント

豊かな里山里海の中で暮らしてみませんか?
珠洲市(すずし)は、日本海に突き出た能登半島の最先端に位置する、本州で一番人口の少ない市です。
世界農業遺産に登録されている豊かな里山里海の原風景や文化を色濃く残しながらも、「奥能登国際芸術祭」やSDGs(持続可能な未来に向けたまちづくり)など、先進的な取り組みに挑戦する、なつかしくて新しいまちです。
珠洲市への移住を希望する方のためのワンストップ窓口「すず里山里海移住フロント」では、お電話やメールでのご相談から、現地でのお住まい・お仕事探しまで、ご希望にそった暮らしができるよう最大限サポートします!
珠洲市のことをもっと知りたい人向けに、珠洲発・暮らしのウェブマガジン「すっとずっと」も運用中。住まい(空き家バンク等)、仕事(企業紹介等)、子育て支援等の情報を発信していますので、ぜひご覧ください!
■珠洲発・暮らしのウェブマガジン「すっとずっと」
https://sutto-zutto.com/

地 域:石川県宝達志水町
団体名:宝達志水町定住促進協議会

地域おこし協力隊も募集中です!
海あり、山あり、温泉あり。
大きな空の下、田園風景が広がり、のどかな家並みが続きます。
金沢まで車で30分。JRの駅が町内に3つ。
子育て環境に優れた、意外と便利な田舎です。
移住を決めるには、もっと地域を知りたい。実際に現地に行って、仕事や住まいを探したい。そんな声にお応えした移住検討のための一軒家「暮らし体験の家」がございます。また、知らない土地での新生活、仕事も新しい職場で手探りのスタート…、そんな移住時のハードルを下げるため、短期の「仕事体験プログラム」もご案内しています。実際に地域の事業所で働いてみることができ、就職・転職へのステップになります。
まずはお気軽にご相談ください。
HP:https://hodatsushimizuteiju.org/

地 域:石川県能登地域
団体名:能登定住交流機構

能登定住・交流機構は、石川県能登の4市5町(珠洲市・輪島市・能登町・穴水町・志賀町・七尾市・中能登町・羽咋市・宝達志水町)広域エリアで移住サポートをしています。
世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」は、豊かな自然や貴重な伝統文化が息づく地域です。一次産業から観光サービスにいたる、多様な仕事や企業があります。古民家を活かした自然派カフェやレストランなど、新たな事業を起業する人も徐々に移り住んでいます。能登は、“人”を必要としています。そんな能登で、あなたも暮らしてみませんか。
自然に寄り添う能登の暮らしぶり、お仕事事情などをざっくばらんにお話します。ぜひお気軽にお立ち寄りください。
HP:https://bunanomori.com/kikou/

地 域:石川県能登町
団体名:能登町定住促進協議会

世界農業遺産に認定された能登半島の先端、奥能登に位置する人口約17,000人の町、能登町。
日本海の外浦(輪島市・珠洲市側)と比べ、内浦(富山湾側)は気候が穏やか。
古くから定置網などの漁業や農業などの一次産業が盛んで、3つの酒蔵もあります。
2015年から移住定住を支援する専門の団体「能登町定住促進協議会」が発足し、専任のスタッフが全ての移住希望者に対し個別の対応を行うことが可能となりました。現在では158名の方々が移住を開始しています。
★移住支援の考え方(とても重要です)
能登町は大小様々な港町・漁村・農村が集まり、約193の集落・15のエリアに分かれます。
それぞれの集落では神事祭礼や農耕行事などの色鮮やかな文化が今も行われておりますが、少子高齢化のため集落活動の維持が困難な集落もあります。
それぞれの集落活動の集合体が能登町なので、ひとつひとつの集落活動を尊重し、集落に共感出来る方と一緒に移住計画を進めたい。
豊かな食材と自然・神事祭礼文化などの集落活動に興味がある方との出会いを楽しみにしております!
移住定住支援情報(助成金・補助金なども含む)はこちら
https://nototown.jp/

福井県

地 域:福井県 南条郡南越前町
団体名: 地域まるっと体感宿 玉村屋

私たちは「第二の実家」をコンセプトにした宿「地域まるっと体感宿 玉村屋」の運営を中心に、地域の日常を体験できるコンテンツを提供しています。最初から移り住むのはハードルが高いと思います。まずは、お試しで数日、滞在して地域の日常に触れてみませんか?
他にも地域活性化の支援として、各種イベントや特産品の販売などにも取り組んでいます。
運営者自身も移住者ですので、移住者だからこそわかることを、うちの町に限らず全般的に相談に乗りたいと思いますので、お気軽にお越しください^^
HP:https://tamamuraya.jp/
Twitter:https://twitter.com/sho881112
note:https://note.com/nakashow

山梨県

長野県

地 域:長野県木曽郡木曽町
団体名:木曽町移住サポートセンター

木曽と聞いて何をイメージしますか?
木曽川・木曽義仲・木曽路・木曽ヒノキ・御嶽山・木曽駒ヶ岳など
「木曽」と名がつくものはたくさんあります
木曽がどんな場所か・・・
どこまでか木曽なのか・・・
どんな生活をしているのか・・・・
なかなか知られていないことです。
私たちの住む信州木曽町は約95%が森林という自然に囲まれた町です。
かつては木曽檜の産地として林業が盛んになり
全国各地の城や寺社仏閣づくりに貢献してきました。
また、厳しい自然の中で培った、先達の知恵や技術は
発酵食品など独特の食文化や伝統工芸として、現在に受け継がれています。
私たちの暮らしのほとんどは「山」とともにあるのです。
山を愛し、ときに畏れながら生活してきた私たちにとって、ここは
「山で暮らす」よりも「山”と”暮らす」
そんな言い方がしっくりとくる、とっても素敵なまちです。
HP:http://life-kiso.com/

出展団体一覧へ戻る

PAGE TOP