「聖」と「俗」

ー地方に残るステキなものたち。

こんなカンジのキャッチがあれば、キレイな風景、澄んだ空気、新鮮な食材、そして温かい人たちが連想されて、「田舎はいいところ」というイメージが思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか。

そう思います。田舎・地方は素敵なところです。もし無機質なビル群に排ガス、複雑なようで希薄な人間関係というイメージを都会に持っていれば、地方は対極です。汚れなき「聖」なるところと思ってる方って少なくないです。

が、です。

そういうイメージをメディアに刷り込まれて「田舎はこういうところ」みたいに決めつけて移住して違和感を感じる人、なかには裏切られた(誰にやねん?)とか思う人もいるとかいないとか。

当然ながらそんな面ばっかりじゃないです。都会がアカンところばっかりじゃないのと同じで、地方にもアカンところはあります。

昔は祭りとなれば三日三晩踊り続けてたとか、地域によっては100年ぐらい前まで夜這いの風習があったとか(ホント)。
ハロウィンの渋谷と変わらんです(夜這いはないけど)。

別に田舎・地方をディスりたいんじゃなくって、勝手に「聖」なるところにして幻滅しないでねって言いたいのです。

田舎・地方だって結構「俗」っぽいですから。地方で暮らす人も都会で暮らす人も変わりないです。
田舎のファミリー、夏休みになればフツーにディズニーランドもUSJも行きますし、行ったらテンション上がるんですよ。

むしろ、地方の方が「俗」っぽいものを欲してる人が多い気がします。だって周りに「俗」っぽいものが少ないですから。地方でオシャレなカフェとかで起業したら人気が出るのは当然ですよ。地方の人、求めてますもん。

「聖」っぽくて「俗」っぽい。地方のそんなところも見つけて楽しんでください。

The following two tabs change content below.
いずたに かつとし

いずたに かつとし

2007年、大阪より周防大島町にIターン。2009年、ファイナンシャルプランナーとして起業。2012年より周防大島町定住促進協議会に参画。全国で唯一の「田舎暮らしの家計相談もできる窓口」として移住者目線の提案をしている。 また、総務大臣賞を受賞した地方創生動画「回帰」や、「シマグラシS錠」などのPR企画も手がけている。 2017年より総務省地域力創造アドバイザーとしてセミナー・ワークショップの講師として全国で活躍中。 →「いずたに」で検索
いずたに かつとし

最新記事 by いずたに かつとし (全て見る)

0

おすすめ記事

  1. 田舎暮らしを考えるみなさんへ
  2. 変化しよう!

関連記事

  1. 多様性
  2. 今年もよろしくお願いします
  3. 田舎暮らしは特別なことではない
  4. 働く喜び
  5. オンライン移住フェア、やります!
  6. 新聞で紹介いただきました!
  7. はたをらくにする
  8. あなたの可能性が開花する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP