ブログ

  1. 地方移住とお金

    地方移住を考えるとき、お金の不安はつきものです。でも、誰に相談していいかわかりませんね。と、いいますか、お金の相談をする風習が日本にはあまりありません。なので今回は、もう一つの私の顔・ファイナンシャルプランナー(FP)の目線で。(ちなみに10月4日開催のオンライン全国移住フェアでは2つの金…

  2. 競争より協力

    10月4日に開催するオンライン全国移住フェアの相談者さんから、「年齢条件のない、○○才の応募も受け付けてくれる自治体はありますか」という質問をいただきました。ちなみにこの方は、前回のフェアにもご参加いただいており、とても聡明な方なので私の記憶にとても残っている方です。ご連絡をいただ…

  3. 地域おこし協力隊制度を利用して移住するときのポイントと注意点

    地方へ移住する際、最大の関心事が仕事と住居ではないでしょうか。特に仕事の問題は重要で、業種が少ない地方では同じ業種に転職できない、今までのキャリアを活かせる求人募集が少ないというのが現状です(それでも昔より大幅に改善されましたが)。そこで一度、地域おこし協力隊制度を検討してみてはいかがでし…

  4. 田舎暮らしと自然災害

    この週末、熊本県、鹿児島県で豪雨災害がありました。今また、宮崎県も豪雨に見舞われています。被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。一日でも早い復旧を祈り、私自身でできることをやっていきます。私が子どもの頃に比べて、自然災害が多くなった気がします。毎年、どこかで起こっていると感じるのは…

  5. コロナ禍で地方移住は増えた?

    メディアで、コロナ禍で地方移住が注目されているという話を見かけます。いわゆる「コロナ移住」です。実際、コロナ移住と言われますが、本当に増えたのでしょうか。増えたと言えば増えましたし、変わらないと言えば変わりません。ちなみに現場では移住相談の件数は1割程度増えています。しかしこの1割が今まで移…

  6. 田舎暮らしは特別なことではない

    移住相談の窓口をしていて思うこと。いろんなタイプの相談があります。田舎で起業など可能性を求める積極的なタイプ、都会暮らしに疲れてのんびり過ごそうと考えるタイプ。最近はワークライフバランスを考えるタイプや、田園回帰志向などが主流ですね。いろんな方に地方に目を向けてもらうことは大事ですが、田舎暮らしが…

  7. フェアが終わってから。と課題。

    全国規模としてはで初のオンライン移住相談会となった「オンライン全国移住フェア」。ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。素敵な出会いがあったと聞いて嬉しく思っています。さて、開催から一週間が経過しましたが、今感じていることを少し書いてみます。テレビでは夜の街に人が戻…

  8. 明日は「オンライン全国移住フェア」!

    明日はいよいよ「オンライン全国移住フェア」です。主催者も出展者ももちろん相談者さんも、全国規模のオンライン相談会ははじめてでですから、何が起きるかわかりませんが、相談者さんと出展者さんをしっかり繋ぎたいと思います。明日はいろんな出会いがうまれると思うとワクワクします。そんな舞台を作れたことが嬉しい…

  9. 移住フェアのワンポイントアドバイス

    いよいよ「オンライン全国移住フェア」までとわずかとなりました。全国から38道府県・138団体が出展します。これだけ出展していますから、きっとみなさんにぴったりのまちに出会えます!っていっても、これだけたくさんあると迷いますね。とても一日で回れません。ですので、少しだけ、オンラインでもリアルで…

  10. 出展数が30道府県・90団体となりました!

    5月31日(日)に開催する、地方のみんなで作る地方のためのイベント「オンライン全国移住フェア」の出展数が30道府県になりました!出展数も90です。多分今週中に100になると思います。小さなまちづくり団体だけでなく県庁単位で出展される団体さんも増えています。出展団体一覧はこちら外出自…

PAGE TOP