今年もよろしくお願いします

みなさん、新年あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。

さて、みなさんはどんな年末年始をお過ごしでしたか。

今年は実家に帰省した方も少なかったんじゃないかなと思います。

私も今年は実家の大阪に帰省せず大人しくテレビを見て過ごしてました。

大みそかは毎年「ガキ使」を見るのが定番でしたが、今年は娘たちとネットで嵐のコンサートを見たのですが、娘たちが生まれる前から活動していた嵐の5人の関係性とかを見ていると感傷的になりました。

コンサートですが、やっぱりすごいですね。あれこそエンターテイメントです。

ドームクラスのライブをする人は、みなさん見事な演出で魅了してくれますが、バンド系よりも嵐のほうがショーとして魅せてくれる気がします。

でもやっぱり会場じゃないから物足りないと感じます。臨場感が違います。

これって大事だと思います。

私たちは情報収集の八割を視覚から得ているそうですが、視覚と聴覚以外でも熱気を肌で感じたりするから高揚します。

移住をお考えのみなさんに現地に足を運んでもらいたい理由も同じです。

情報は五感を使って得てください。

土地の匂いは現地に行くから知ることができますし、気温は特にそうで、肌で感じないとわかりません。
オンラインではわからないことがたくさんあります。

ですが、オンラインは、情報収集の手段としてはリアルのイベントより効率的です。
数ある移住候補地を訪れる際に、無駄足をなくすため、頼れる人を事前に作るためにオンライン全国移住フェアを活用してください。

あと、田舎はエンターテイメントと呼べるものは少ないですが、娯楽はありますし作れます。
(最近は地方でロックフェスしてますね)
今年はもう少し、この辺りもやれたらと考えています。

最後に、今回の嵐だけでなく、芸能人の訃報などで、ファンでなくても寂しいと感じた経験がある方はいると思います。

我々の身近なところでは、飲食店が閉店した場合もそうです。

嵐や芸能人の訃報は防ぎようもありませんが、お店の場合は違います。

「あの店、潰れたの?美味しかったのに残念ね」と思う前に、コロナ禍で難しいのもわかりますが、一度行った程度でなく、思い出のある大切なお店は数か月に一度でも構いません。ぜひ利用してください。

嵐の話からいろいろ飛躍していますが、これで構いません。

今年は飛躍の年にするからです。←笑点みたい(笑)

あらためて今年もよろしくお願いしますね。

The following two tabs change content below.

いずたに かつとし

2007年、大阪より周防大島町にIターン。2009年、ファイナンシャルプランナーとして起業。2012年より周防大島町定住促進協議会に参画。全国で唯一の「田舎暮らしの家計相談もできる窓口」として移住者目線の提案をしている。 また、総務大臣賞を受賞した地方創生動画「回帰」や、「シマグラシS錠」などのPR企画も手がけている。 2017年より総務省地域力創造アドバイザーとしてセミナー・ワークショップの講師として全国で活躍中。 →「いずたに」で検索

最新記事 by いずたに かつとし (全て見る)

おすすめ記事

  1. 田舎暮らしを考えるみなさんへ
  2. 変化しよう!

関連記事

  1. セミナーなどいろいろ
  2. 明日は「オンライン全国移住フェア」!
  3. 田舎と言ってもいろいろあります。
  4. 競争より協力
  5. オンライン移住フェアの会場写真
  6. 45歳までに移住する??
  7. ネットカフェを抜け出して、定住しよう。
  8. はたをらくにする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP