田舎ってヤバい

「ヤバい」

元々は危険であったり具合が悪いなどネガティブな意味の言葉です。
でも、今の若い人って美味しいものを食べたり、興奮するようなことがあるとポジティブに「ヤバい」って言いますね。
このポジティブな使い方が馴染まないという方は圧倒的多数だと思います。

でも、2001年版の「現代用語の基礎知識」には既に魅力がありすぎるという意味で掲載されています。もう20年も前なんですね。
ちなみに大辞林には2006年から掲載されているそうです。
実際、うちの子ども(高1、中1)も当たり前のように使ってます。
テレビで若いタレントさんが頻繁に使ってますし一般生活レベルでは定着しちゃいましたね。

で、「田舎ってヤバい」んですよ。

何もしなければ廃校が増え、商業施設は撤退し、人が減っていきます。
だから何もしなければまちが消滅してしまいますから、危機感は持っていないといけません。
だからヤバいんです。

でも、何もない田舎だからこそ都会とは違った暮らし方を送ることができたり、何かにチャレンジできる余白があります。
田舎で暮らしているといろんな可能性に気づきます。ホントワクワクします。
だからヤバいんです。

両方のヤバいがありますが、立場によって違います。
地元のおっちゃん達から見れば衰退するまちを見てきたからネガティブヤバいでも、田舎のいいところに気づいた若い人はポジティブヤバいになります。

おっちゃん達のヤバいを、若い人たちのヤバいに変えていけたら、
もっと田舎はヤバくなります。

コロナが落ち着いたら、田舎のヤバいを見つけに来てください。
景色。食べ物。人。

ホント、田舎ってヤバいですよ!

~余談~
先日、和食のお店に行ったら料理長直々に説明してくれたんですが、
「これ、ヤバいです」って言ってました。
一応心の中で「アンタは使うな!」とツッコんでおきました(笑)

The following two tabs change content below.

いずたに かつとし

2007年、大阪より周防大島町にIターン。2009年、ファイナンシャルプランナーとして起業。2012年より周防大島町定住促進協議会に参画。全国で唯一の「田舎暮らしの家計相談もできる窓口」として移住者目線の提案をしている。 また、総務大臣賞を受賞した地方創生動画「回帰」や、「シマグラシS錠」などのPR企画も手がけている。 2017年より総務省地域力創造アドバイザーとしてセミナー・ワークショップの講師として全国で活躍中。 →「いずたに」で検索

最新記事 by いずたに かつとし (全て見る)

おすすめ記事

  1. 変化しよう!
  2. 田舎暮らしを考えるみなさんへ

関連記事

  1. 働く喜び
  2. コロナ禍で地方移住は増えた?
  3. 暮らし方、見直す時期です。
  4. 担当者も千差万別
  5. 移住先でのトラブル
  6. Abemaプライムで「回帰」
  7. 「よろず移住相談」に地域のサポートがアツい
  8. 田舎暮らしは特別なことではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP