の記事一覧

  1. 鳥取県、いいところです!

    2021年7月7日、山陰地方は過去にないほどの豪雨に見舞われました。この日、実は鳥取県の研修に講師としてお邪魔していました。地方同士だから安心してというわけではなく、お互い新型コロナの感染リスクを抑えるために、車で移動のドアトゥドアです。参加者の各自治体職員さんはオンラインです。この辺り、リ…

  2. 移住先でのトラブル

    移住をお考えのみなさんに共通の気になることと言えば、住まいと仕事です。何がなくとも引っ越し先が決まらなければ、移住できませんし、移住した先で収入がなければ困ります。ですので、この二点は必須の情報です。この二点に子育て環境のこと、起業や就農のことなどがプラスされます。そして、移住してか…

  3. 似た環境でも賃金が違います

    ホームである山口県周防大島町の定住促進以外にも、他県の市町村に講師としてお声がけいただくことがあります。光栄なことです。もっと呼んでいただきたいくらいです(笑)お招きいただくことのメリットは、講師謝金以外にも知らないまちに足を運んで知見を広げることができる点があります。これは私にとって財産となっ…

  4. 田舎と言ってもいろいろあります。

    田舎へ移住。田舎暮らしをスタート。「田舎」と言いますが、自然豊かなところだけがすべてではありませんし、地方に移住すると言っても、山間や海辺だけではありません。東京や大阪から見れば田舎な都市はたくさんあります。いわゆる「地方都市」です。大阪から山口県周防大島に移住する際、広島市内の…

  5. 事前の情報収集こそ大切

    地方で暮らしていると当たり前の日常でも、都会暮らししか知らない人には驚くことや戸惑うことがたくさんあるかもしれませんし、不便に思う場面は当然あります。今までだったら夜に小腹がすいたら歩いてコンビニに行けたのに、田舎で暮らすと車に乗って出かけないといけないなど(これは買いだめすることを覚えるの…

  6. 担当者も千差万別

    ―わからない人に何をフォローすればいいかわからない。自治体の職員は、部署異動があるため、毎年必ず全国のどこかで移住相談窓口1年目の担当者さんがこういう状態になります。そのため、毎年各県で市町村の担当者を集めて、研修会を開催します。私も何度か研修会で講師を務めさせていただきました。どの…

  7. 憧れだけで移住しない

    あなたは田舎のどういうところに魅力を感じましたか?きれいな空気?美しい景色?地方出身の方、旅で訪れたまちに魅かれた方はたくさんいらっしゃいますが、それ以上に、地方に行ったことはないけど、テレビやネットで興味を持たれた方がいらっしゃいます。我々、田舎サイドからすれば興味を持ってもらえる…

  8. 「よろず移住相談」に地域のサポートがアツい

    先日からはじめた「よろず移住相談」。あまりに多くなると私のレスポンスが遅くなるので大変ですが、今のところ、毎週いいペースでご利用いただいています。喜んでいただけて良かったです。ご相談もいろいろです。候補地をこれから探される方が多いです。そんな方のためにはじめたようなもので…

  9. あなたの可能性が開花する

    先日、いつものように移住相談に来られたご夫婦とお話しておりました。家のこと、仕事のこと、趣味のことなどなど。すると、パンを作るのが趣味で、かなりこだわりを持って作られているカンジ。こういうことを聞くと、つい提案したくなるんです。起業ってやつを。ホントに勧めたわけではなく、提案です…

  10. はたをらくにする

    ここのブログでも時折触れていますが、地方移住のお話をする際、ワークライフバランスについて必ずと言っていいほど触れています。当然、お金のために仕事をしなければならないというのはありますが、それだけでなく、せっかく移住するならなぜ働くのかということを見つめなおす機会になればと思うからです。ま…

PAGE TOP