動くなら今?

東京都の人口が25年ぶりに減少したそうです。
出生者数の減少と、コロナ禍による地方への流出が原因と見られています。
大半は東京近郊への移住でしょうが、全国各地の自治体の声を聞く限りでは、地方への移住者も実際に増えています。

年明けからの第6波によって、感染者数は急激に増加していますが、それに比例するかのようです。
接客業をはじめ、ほとんどの業種が今まで通りの仕事にならないため、収入は不安定になり、閉塞感が漂っています。
踏ん張るときとも言えますが、こういう機会だからこそ、行動するというのも考え方としてはあると思います。

新しいことを始めるなら、景気の頂点より底から始めるという考え方です。

個人的にも、新しいことを始めようと思います。
私の好きな相場格言に「悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福の中で消えていく」
というのがあります。今は悲観のステージかなと感じています。

みなさんも状況を冷静に判断して、動いてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

いずたに かつとし

2007年、大阪より周防大島町にIターン。2009年、ファイナンシャルプランナーとして起業。2012年より周防大島町定住促進協議会に参画。全国で唯一の「田舎暮らしの家計相談もできる窓口」として移住者目線の提案をしている。 また、総務大臣賞を受賞した地方創生動画「回帰」や、「シマグラシS錠」などのPR企画も手がけている。 2017年より総務省地域力創造アドバイザーとしてセミナー・ワークショップの講師として全国で活躍中。 →「いずたに」で検索

最新記事 by いずたに かつとし (全て見る)

おすすめ記事

  1. 田舎暮らしを考えるみなさんへ
  2. 変化しよう!

関連記事

  1. 瀬戸内の島が増えました!
  2. 鳥取県でワークショップを開催しました
  3. 移住者を増やすなら「SDGs」ならぬ「SPGs」
  4. 田舎暮らしと自然災害
  5. 田舎のお祭り
  6. 変化しよう!
  7. 田舎はテーマパークではない
  8. 新島村の移住施策サポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP